70年代イギリスのカンタベリー系バンドのアルバム。

最初に、「毒々ミニチュア館」 管理人として、
これは他人の仕業とは思えないイメージであり、
とてもびっくりだ。

髑髏や瓶詰め標本を、おもちゃの兵隊が守っている。
キャビネットの中は幼児向けの“なぞナゾえほん”の
ような異空間だ。

瓶のなかは耳ばかりというのは、レコードジャケット
にまことにふさわしいセンスであり、頷いてしまう。

なにより、このシックな雰囲気・・・・
眺めていたら、ぬるくて泡の濃い黒ビールをむしょうに
飲みたい気分になった。(つまみはビスケットが良い・・・)












 






 


←裏ジャケより。曲毎にイメージカットが添えられており
興味をさそう。