管理人はプログレバンドの妖しいオルガンやメロトロンや大袈裟なアナログシンセ、
オーケストラの重厚な管絃楽器やブルースの泥臭いハーモニカの音なども大好きなのだが、
やはりハードなロックバンドがだすエレキギターの音というのは別格である。
それは疾走感に溢れ振幅が激しい魔性の旋律を奏でて、聴く者を覚醒させたり或いは酩酊させ、
「操ることができる」音なのである・・・
管理人のもっているこの2枚のアルバムのジャケットはそのことを如実に表している。

魔性のギターに深くとり憑かれた者の恍惚の表情をよくご覧になってほしい。