アメリカの“マーダーメタル"バンドMACABRE
のアルバム。

60年代のビートルズのアルバム
『サージャント・ペパーズ・・・・』のイメージの
悪趣味なパロディーだ。



バンドメンバーと並ぶ、猟奇殺人犯の群れ。

神の啓示をうけたり、悪魔の声を聞いたり、
己の中の別のもう1人の人格が出てきたり、
ただ純粋にひとが苦しむのを見るのが
大好きで大好きで仕方なかったり、
ひとの肉や内臓が何よりも美味しくて
他の食い物じゃ満足できぬ身体になったり、
死体をいじるのが面白くて飽きることがないとか
常に完全な奴隷を求めているとか、
いろんな理由で事件を起こして
このジャケットを飾るに至る栄誉?をうけた人達
なのである。






ひとを生きたまま脳に硫酸を注入して自分のための
ゾンビにしようと試みたり、溶かして骨格標本をつくろう
としたり、その際不要な肉はもったいないので食べたり
ひとの皮で服をつくったり、骨で家具や食器を作ったり
生首を車のダッシュボードに飾ってハイウェイをとばした
り、あげればきりがないくらい、ほんとうにさまざまな情熱
をもったひとばかりだ。
錚々たる面々が一堂に会した様は貴重である。