詰の話記憶の彼方の老医を偲んで)

小学1年のころ通っていた耳鼻科医院で医師があるとき、
デスクの傍のキャビネットから茶色い瓶をだして、蓋をあけ、
ピンセットで扁桃腺をつまみだしてみせてくれた。

扁桃腺のいっぱい詰まった標本の瓶だったのだ。
なぜそんなのをみせてくれたのか想い出せないが、
その瓶は彼の宝ものに見えた。

風邪で腫れてやっかいだとじゃまにされ摘出された、医療ごみとしての
キモい扁桃腺。そんなものでも瓶にためればそれなりに
独自の価値をもち、ふしぎな魅力をだすものだと、
幼い心にも思ったものである。

切除された体の一部は、瓶のなかで永遠の命を与えられたのだ・・・・


そんなことが遠い昔にあってか、“食玩”などのちいさなものは
瓶詰めにしてコレクションしてきた。

よくある安手のプラスチックケースや重く高価なガラスケースより、
瓶のほうが中のが1コだけでもイキイキと輝いてみえるのだがどうだろう
つにシリーズ一揃い集まらなくても、シリーズの脇役や片割れでしかないもの
であっても瓶の中で主役となり
独立して少宇宙を形成するのである。

手に持ち、くるくる廻したり底から覗きこんだりして愉しむのは
なんともいえぬ変態倒錯的な歓びがある・・・・。
これが瓶詰のもつ魔力なのだ。

管理人の趣味ではないが、何処かで顔写真の添付された少女の唾や尿の
入った瓶を買い求めてくる変態なやつらのきもちも ある程度までは
わかるというものである。瓶に詰められた尿は尿以上の価値をもち、
そのようなやつらを虜にするのだ


・・こどものころ通っていた耳鼻科医院は 
その扁桃腺をあつめていた医師の死去にともない廃院となって建物も
消えたが、あの扁桃腺を溜めた瓶はどうなってしまったのだろうか

・・・医師は扁桃腺のほかには何をあつめていたの
であろうか? 

もどる