ウザイキモいむかつくやつらばかりだ。おもしろくねえ!水爆でも炸裂させてみてえや
毎日まいにち日野日出志の漫画にでてくる絵師みてえな気分だぁ!おれも眩しく煌く灼熱の地獄絵を描きてえよう!
というわけで管理人自慢の逸品をご覧にいれよう・・・・
B-58超音速爆撃機:水爆を抱えてマッハ2でとぶ。初飛行は1956年、配備開始1960年、維持費用がバカ高いため1970年ごろ全て退役。
昭和30〜40年代のこどもたちにとってはカッコよさとともに「第3次世界大戦」の悪夢をみさせたであろう。
管理人はたしか小学1年だった昭和51年ごろ飛行機図鑑で初めて見ていらいずっと好きなメカである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同縮尺のB-58専用水爆と
1957年型シボレーベルエアの
大きさの比較
(ベルエアは「セルシオ」よりでかい)
この水爆は母機B-58の燃料タンクも兼ねており
核弾頭は前後のタンクにはさまれて収納されている




サイトトップ