075

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瞬着流して隙間埋め塗装の補整と追加スゴクめんどいので箱からだして即組み立て・・・・・⇒撮影
いつもと違い、まったくの「手抜き」ですが、それでもこうして見るとなかなかイイじゃないですか。食玩系プラモなんて本来はこういうものですよ!たったの3分で完成ですよ!

バッカニア


 

 

 

ソードフィッシュ 

1/144バッカニア(メーカー不詳)は困ったもんである。水平尾翼が左右で大きさが・・・・・ちがうのだ。もしかしたら航空エンジニア
にしかわからん理由があって実機でもそうなのかと、色々調べたが、そんな事はなかった。 翼下には対艦ミサイルも用意されていたが、
なんとミサイルのランチャー部分と翼下の取り付け部があべこべになっていた!使えんので捨てる。  回転式爆弾槽扉は可動し、扉の裏
に取り付ける爆弾もあるのだが、扉裏も爆弾槽内も「らしい」モールドが無い上、爆弾を取付けるダボも何もなく「つるん」としている。
どうしろというのか?爆弾よりキャンデーや粒ガムがお似合いのギミックだ。 前脚の形状も実機と較べて長すぎて変なので脚柱をカット、
調整して瞬間接着剤で強引につけた。 ・・・それにしても何なんだこのメーカー?昭和30年代に開発されたキットの金型使ってるのか?

1/144ソードフィッシュ(エフトイ)は胴体(人形3体セット)+翼+脚+魚雷が組立て済み、尾翼を取り付けるだけという呆れるほど簡単なもの。